廃車手続きの方法

広島で廃車を高く売るならココだ!!

廃車手続きの方法

廃車手続きの方法

自動車を廃車する際に車を廃車業者へ買取または解体しただけでは廃車したことにはなりません。

 

自動車を廃車した後に陸運局で手続きを完了させて、初めて廃車手続きが終わります。

 

そこで廃車に流れ、手続きを説明しましょう。

 

まず、自動車を廃車した後に廃車業者から移動報告番号の通知が来ます。

 

この移動報告番号を陸運局に提出しないと永久抹消つまり廃車がなされたことになりません。

 

もちろん一時抹消での手続きは可能ですが、車検が残っている自動車には重量税の還付申請ができますので必ず移動報告番号が必要となります。

 

次に手続きに必要な書類ですが、

 

  1. 所有者の印鑑証明発行日から3ヵ月以内のもの)
  2. 所有者の委任状 自分でする際は不要)

    3. 車検証(原本)

  3. ナンバープレート 前後面の2枚)
  4. 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

    5. 手数料納付書(陸運局でもらえます)

    6. OCRシート(陸運局でもらえます)

 

 

2の委任状には、1の印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。また車検証と現住所が異なる場合住民票または戸籍謄本が必要です。
3の車検証、または4のナンバープレートを紛失・盗難等で返納できない場合は、理由書が必要です。
5のメモ書きは、リサイクル券(使用済自動車引取証明書)に記載されている「移動報告番号」と、解体処理が終了した旨の連絡をリサイクル業者から受けた際の「解体報告記録がなされた日」のメモ書きです。

 

以上の書類で手続きは行えます。

 

自動車税、自賠責保険の還付

抹消登録には自動車はまだあり、一時的にナンバーを返却する一時抹消と、自動車を解体した後に行う永久抹消の2通りあります。

 

一時抹消は再度、登録することで自動車に乗ることができますが、永久抹消は文字通り永久的に再度登録することはできません。

 

この抹消登録の大きな違いは重量税の還付があることです。

 

自動車を解体したが一時抹消の手続きでは重量税の還付はありませんのでご注意ください。

 

また、自動車税や自賠責保険の還付は一時抹消でも返納されます。

 

この返納の流れを説明しましょう。

 

①自動車税の還付

抹消登録後、県税事務所へ抹消登録のコピーを持って行き、返金先の口座をお知らせすれば最短で翌月に振り込まれます。

 

計算方法(例 1500ccの車を8月に抹消した場合)

 

年税34500円÷12=2800円(2875円ですが10円以下切り捨てします)

 

税金月割2800円×7か月(抹消登録の月の翌月から来年3月までの月数)=19600円

 

よって、自動車の還付金は19600円となります。

 

②自賠責保険の還付

抹消登録後、自賠責保険証書の下に記載されている保険会社(管轄店名および所在地)へ連絡し、還付申請書類を郵送してもらいます。

 

そこへ必要事項を記入、捺印し抹消登録証のコピーと免許証コピーを同封し返送します。

 

具体的な金額については残り月数や保険会社によって異なる場合がありますので保険会社に確認しましょう。

 

自動車税未納の場合

自動車税が未納のまま廃車したい場合ですが、上記のように手続きは行えます。

 

自動車を転売、廃車することももちろん可能ですし、一時抹消や永久抹消も行えます。

 

すでに車検が切れているにもかかわらず、自動車税の請求が止まらない場合は車検期日や解体日にさかのぼって県税事務所に再請求してもらうこともできます。

 

また、5月以降に自動車税の納付書が届いて、納付前に廃車や手続きを行った場合は自動的に県税事務所から再計算しなおした後の納付書が送られてきます。

 

自動車税を未納のままだからと何もせずにいると無駄な税金を支払うだけになりますので早めの手続きをしましょう。

 

ローン会社や自動車販売店の所有権がついている場合

オートローンの支払い期間中でも転売、廃車はできます。

 

しかし、車検証の所有者がローン会社や自動車販売店になっている場合はローンの残債を一括完済しないと所有権解除してくれません。

 

よって、自動車を転売、廃車しても陸運局で抹消手続きは行えません。

 

転売したい場合は名義変更ができないためにそのままの名義で使用することとなり、事故や違反の際は車検証上の使用者へ責任が問われることとなります。

 

また、事故や故障などにより廃車する際は、ローン会社や自動車販売店に相談すれば永久抹消を条件に所有権解除の書類を発行してくれる場合がありますので確認しましょう。

 
広島県の廃車買取地域

広島市
-中区
-東区
-南区
-西区
-安佐南区
-安佐北区
-安芸区
-佐伯区
呉市
竹原市

三原市
尾道市
福山市
府中市
三次市
庄原市
大竹市
東広島市
廿日市市
安芸高田市
江田島市

府中町
海田町
熊野町
坂町
安芸太田町
北広島町
大崎上島町
世羅町
神石高原町

 

 

広島で廃車を査定してもらう際の大まかな手順は、一番初めに一括査定をインターネットなどで申し込みます。中古広島で廃車買取業者によってこちらの情報を元に算出された査定額が出されますので、査定の額が良い業者、信頼ができそうな業者を選んで、実際に査定してもらいましょう。査定の金額が満足いくものだったら、契約を行い、広島で廃車を売りましょう。代金はその日に貰えるのではなく、後日振り込まれる場合が普通は多いです。広島で廃車の売却、その査定を考え始めたら、大変便利に使えるのが一括査定ホームページです。でもこれを使うと、業者から営業電話が入ってきますし同じ様に営業メールも来るということは理解しておいてちょうだい。対処法としては着信拒否機能を使えるように申し込みの時に携帯番号だけを入力し、メールアドレスはその時だけのいわゆる捨てアドレスを使用するといいでしょう。くわえて、ネットの査定が済んで実物を見てもらう段階の査定でもいくつかの業者を使うのが手間ではありますが高額査定への道です。広島で廃車を査定してもらう際は、スタッドレスタイヤを装着したままではなく、標準のタイヤに戻しておきましょう。意外かも知れませんが、スタッドレスタイヤは査定にマイナスになるといわれます。使用状態が良い場合はスタッドレスタイヤも広島で廃車とまとめて買取をして貰えることもあるかも知れませんが、溝がない状態になってしまっていると、反対に処分の費用が必要かも知れません。インターネットを使うことで、広島で廃車査定のおおよその相場が分かります。中古広島で廃車買取業者の大手のところのホームページなどで、広島で廃車買取価格の相場を調べることが出来ます。相場を調べておくと、相場より安く売ることで損をすることも無くなりますから、事前の確認を怠らないようにしましょう。とは言っても、広島で廃車の状態で変化するため相場の価格通りに確実に買い取って貰えるとは限りません。広島で廃車を査定に出す時に覚えておきたい幾つかのアドバイスですが、査定は一社のみに任せずいくつかの業者に依頼し、広島で廃車の中も外もきれいにし、広島で廃車検証など必要になる書類はちゃんと用意しておくことです。これも大切なことですが、後の方になってから一悶着起きることのないように、修理歴や事故歴などについては隠さずに申告しておいてちょうだい。仮に業者の提示する金額に納得がいかないならもうそこでは売らず不満をためることのないようにします。広島で廃車を査定に出すとわかりますが、買取業者によってその額は異なります。納得のいかない値段で売ってしまうことのないよう、最初から買取業者を選んでしまわず複数の業者から見積もりを出してもらうのがよいでしょう。ところで、ネットなどで業者が示す見積もり額と広島で廃車を見て業者が実際に出す査定額とは違いきますので、少し気を付けておいた方がいいです。時々、高額の見積もりを出して客を誘い、実際に出してきた査定額は相場以下に落ちているという不良業者もいて問題なっているのです。広島で廃車検が切れた広島で廃車の査定についてはむろん、査定を受けるのに問題はありませんが、広島で廃車検を通っていない広島で廃車は公道走行は不可能ですから、出張査定を受けることになります。お金をかけて広島で廃車検をとおし、それから売ることを考えるより、いっそ広島で廃車検は切らしたままで売りに出す方が得になるので、その通り出張査定を受けることを決断しましょう。持ちろんこういう出張査定も一社からではなく複数のところから受けておくと手間かも知れませんが得になります。広島で廃車の査定を業者にネットで頼みたい場合ですが、申し込み画面で電話番号などデリケートな個人情報を求めている業者が大部分であるようです。査定は持ちろんしてもらいたい、しかし、営業の電話がしつこいのは困るなどの訳で、査定をネットで申し込向ことに気後れを感じる人もいるでしょう。ですが、そういったユーザーの声に応えたのか近頃は、電話番号をはじめとした個人情報を記載しなくても使用可能な買取額が大体わかるようになるホームページもいくつか出現していますので、一度使ってみて自分の広島で廃車がどれくらいで売れるのか知っておくのもいいかも知れません。業者によい評価を得るためにも査定前には、とにかくきれいに広島で廃車を洗っておくべきです。広島で廃車の査定を実際に行なうのは人なので、洗広島で廃車すらして貰えない汚い広島で廃車より手入れの行き届いたきれいな方にいい印象をもつでしょうし、それが査定額に影響するとしても不思議ではありません。それだけでなく広島で廃車に汚れがついていると、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、そこで査定額が減らされる可能性もあります。それから広島で廃車を洗う時には洗いやすい外装だけではなくタイヤまわりも洗っておきましょう。広島で廃車の査定に関して、一括査定が増えたこともあるせいか、自宅で受けられる出張査定を選ぶ人は結構大勢いるようです。自宅を動かないのでとにかく楽で、運転しなくていいので燃料が減ることもありません。しかし、勧誘を断れないなど交渉事が不得意なら自宅まで業者に出張してもらう形よりも、買取業者のお店まで運転して行き査定してもらうのが良指そうです。わざわざ出むかせて悪いから、などと思ってしまった場合、なかなか断るのは難しくなるようです。